お恥ずかしい話、私は恐ろしいまでに方向音痴で、空間認識能力というものがまるでございません。しかし幾度も通る道をついには覚えられない、というほどではなく、流石にいつかは覚えます。同じ道を10回も通れば大体覚えることができます。10回を多く感じられるかもしれませんが、それはさて置いてください。

最近新たに二つのコースを覚えることに成功しました。出勤ルートと退勤ルートでございます。ふざけているのではありません。大体は電車バスを使用するのですが、時々バイクを使用します。その場合、片道1時間の運転で、それぞれ異なるルートを通ります。やっと10回くらい通りました。漸くその道順をGoogleマップをノールックで運転することができるようになりました。私にとっては快挙です。私の中の地図が広がったようで嬉しく思います。

道に強い人にはとても憧れます。そういう人は「行った道を帰ればいいんだ」など簡単に言うのですが、私に言わせてみれば行きと帰りでは風景が異なりますので全く別の道でございます。また、口頭で道順を説明されても理解できた試しがありません。反対に自分が伝えたい場所がどこにあるのか、口頭で説明することができません。更に加えるのであれば「今いる場所から見て江の島はどの方面にあるか」と聞かれたとしても答えられる自信が全くございません。

もしかしてもしかすると、これは私の性質などのせいではなく、私が道に興味をあまり持てないだけなのかもしれません。努力はしているつもりですが、本当は努力していないのかもしれません。でも道がわかるということに憧れは感じていますし、自分もそうなりたいと思っています。信じてください。でも全然わからないんです。仮に道に精通する力を道力したとして、この道力は世の人たちはいったいどのように授かるのでしょうか。親から教えてもらえるはずだったのでしょうか。しかし私の両親は「分かって当たり前」の体です。これからでも道力はつけることができるのでしょうか。まだ間に合いますでしょうか。道を覚えるまでに2,3回の行き来で済むようようになるでしょうか。自力で移動するということ自体は楽しむことができるので、あと道力が備われば私は最強になれるはずなのです。無い道力を後から身に着けたという経験談をお持ちの方がいらっしゃったらお話を聞いてみたいものです。

投稿者

@pote_potechi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です